患者さんとそのご家族の皆さまへ

診療内容

医師による幼児診察

小児科では、こどもの内科系疾患をすべて担当しています。疾患分野別の診療については、それぞれの専門分野の研修を終了した医師が担当し、難治性疾患の診断・治療も積極的に行っています。

また当院では、血液・悪性腫瘍における造血細胞移植、川崎病などに対する血漿交換療法、新生児遷延性肺高血圧症における一酸化窒素吸入療法、複雑心奇形に対する低酸素療法などの高度な治療も提供しています。

患者さんひとりひとりに応じた、きめ細やかな診療を提供することができるよう、スタッフ一同心がけております。

外来

小児科外来の紹介

小児科外来の紹介

山口大学医学部附属病院は、特定機能病院に指定されています。小児科では、午前中は主に紹介患児などを中心とした一般診療、午後はアレルギー・免疫疾患・神経精神・新生児・循環器・腎疾患・代謝/内分泌・悪性疾患等の高度の専門的治療を有する慢性疾患をお持ちの患児の診療が中心となります。

診療を迅速かつ的確に進めるためには、日頃からお子様やご家族の健康状態をよくご存知の「かかりつけ医」からの情報が欠かせません。なるべく紹介状をお受け取りの上で、ご受診下さい。

診療時間 [午前]9時00分~12時00分
[午後]13時00分~17時00分(午後は予約診療のみ)
※初診、再診以外は予約診です。
受付 8時30分~11時00分
場所 外来棟2階
TEL 0836-22-2508

外来表はこちら

取り扱っている主な疾患

喘息・免疫・アレルギー外来

アレルギー疾患を持っている子供達を定期的に診察しています。

神経・筋疾患外来

小児の神経・筋疾患および発達障害、精神疾患の診療を行います。

小児心臓外来

心臓外来では疾患の説明、カテーテル検査、外科的治療などのご相談などを、時間をかけて丁寧に行うよう心がけています。主に小児心臓外来において、鈴木、大西、古田が担当しています。

小児腎臓疾患外来

小児腎臓疾患、小児泌尿器疾患を主に診療しています。水谷、橘高が担当しています。

腹部エコー外来

第4週の午前中に行っております。検査に時間がかかるためすべて予約制となっております。水谷が担当しています。

血液・腫瘍性疾患外来

原則として予約制のため、初診の方はあらかじめご連絡ください。深野、市村が担当しています。

内分泌・代謝性疾患外来

山口小児の内分泌・代謝性疾患を主に診療しています。安部、鳴海、福田が担当しています。

新生児フォローアップ外来

NICUを退院したお子さんたちのためのフォローアップ外来です。高橋、木村、藤本、松隈が担当しています。
育児相談や健診が主な外来内容となります。

心理外来

心理・発達検査などを毎週火・木曜日に行っています。臨床心理士の國廣が担当しています。

シナジス外来

RSウイルス感染予防のための、シナジスを接種するための外来です。RSウイルス感染症の流行シーズンである8月から翌年度4月までの第1, 3週金曜日に開設しています。

受診方法

初診手続きについて(初めて当院を受診される方)

初診受付時間は、午前8時30分から午前11時までです。
初診時に他病院の紹介状を持参された方は、紹介料が保険扱いとなりますが、紹介状のない方は、特定療養費として5,400円が自己負担となりますので、できるだけ紹介状をもらって受診して下さい。

再診手続きについて

予約のある方

予約のある方は受付の手続きは必要ありません。予約票(領収証書に添付)を受診される診療科の受付へ提出してお待ちください。
再診受付機の利用時間は、午前8時30分から午前11時までです。

予約のない方

当日の場合は、自動再来受付機で受付を済まされて、診察券(IDカード)と受付票を受診される診療科への受付へ提出してお待ちください。
再診受付機の利用時間は、午前8時30分から午前11時までです。

予約電話:0836-22-2111
(火・金:13時30分~15時)

  • 前回の受診日から3ヶ月以上未受診の方は特別な場合を除き初診の扱いになりますので、初診料を算定します。
    また、別に紹介状のない方は、特定療養費5,400円が自己負担となります。
  • 一般外来は午後から専門外来(神経・血液・アレルギーなど)のため、午前中のみとなります。一般外来は午前中以外、基本的に診療できませんので、近隣開業医・総合病院への受診をお願い致します。また、夜間や休日の診療については<夜間・休日受診について>を参照下さい。
  • 原則、初診の方の専門外来への予約はできません。午前中の一般外来をまず受診するか、他院より診療連係室(http://www.hosp.yamaguchi-u.ac.jp/section/71.html)からの予約を頂きますようお願い致します(一部の専門外来は診療連携室経由の予約が取れませんので、まず一般外来に受診してもらうことになりますが、ご了承下さい)。
  • 受診案内については、山口大学医学部附属病院のホームページにもありますので、以下も参考にして下さい。

山口大学医学部附属病院

夜間・休日受診について

休日夜間診療所

山口大学医学部附属病院は、高次機能病院のため県内の重症患者が多く入院しており入院患者の急変時の対応や、救急外来においては生命の危険を伴っている三次救急患者の対応に備えなくてはいけません。

さらに、当直体制になると医師の数が1名となるため、夜間・休日時間帯に一般診療への対応は難しく、休日夜間診療所などへの受診をお願いしています。当院への入院が必要と判断された場合には休日夜間診療所等より紹介状をお受け取りになって受診下さい(救急重症患者は除く)。

宇部市休日・夜間 救急診療所 住所 宇部市琴芝町2-1-10
電話番号 0836-31-1099
診療時間 月曜/火曜/水曜/金曜:19:30から23:00
木曜/土曜:18:00から23:00
日曜/祭日:9:00から17:00
宇部休日当番医 診療時間 日曜/祭日:19:00から22:00
当番医 在宅診療所当番表を参照して下さい。
診療時間 月曜/火曜/水曜/金曜:19:30から23:00
木曜/土曜:18:00から23:00
日曜/祭日:9:00から17:00
山陽小野田市小児科
休日急患診療所
住所 山陽小野田市大字東高泊1974-1
電話番号 0836-84-3632
診療時間 平日:なし 日曜/祭日:9:00から17:00 (12:00から13:00昼休み)
山口県内の休日夜間診療所   やまぐち医療情報ネットを参照して下さい。

診療実績(平成28年度)

脳波検査 504件 運動負荷心電図 30件
ビデオ脳波検査 4件 ホルター心電図 80件
誘発電位 51件 悪性腫瘍に対する化学療法 20件
筋生検 1件 腹部超音波検査 300件
呼吸機能検査 50件 腎生検 19件
内分泌負荷試験 30件 排尿時膀胱造影検査 22件
食物負荷試験 70件 腎レノグラム・シンチグラム 26件
生物学的製剤投与症例 14件 新生児入院数 362件
心臓超音波検査 1,750件 脳低温療法 3件
心臓カテーテル検査 19件

病棟

総合周産期母子医療センター
NICU, GCU

山口大学医学部附属病院総合周産期母子医療センターは、平成2年10月に母子医療センターとして発足し、平成23年度より総合周産期母子医療センターに認定されました。
「総合周産期母子医療センター」は合併症妊娠、多胎妊娠、あるいは切迫早産などハイリスク妊娠に関する妊娠分娩管理と、生まれてくる早産児、低出生体重児、あるいは合併症を伴って出生されたお子さんに医療を提供する施設です。

当センターは母体胎児集中治療室(MFICU)6床と新生児集中治療室(NICU) 12床、新生児育成治療室(GCU) 8床からなります。産科医と新生児医療を専門とする小児科医、看護師・助産師だけでなく、眼科・小児外科・脳外科など幅広い専門医がチームを組み、高度な医療と看護を行っています。24時間体制で山口県全域及び隣接県からの母体あるいは新生児の受け入れをしており、遠隔地からはヘリコプターを利用した搬送を可能な限り行っております。

総合周産期母子医療センター